話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?|仮想通貨初心者情報局

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?|仮想通貨初心者情報局


今回は、話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」について詳しく紹介していきます。

 

  

f:id:cop4h_aloft:20181218100625j:plain



話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?


Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」主な特徴


ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の主な特徴は下記の4つになります。

 

  • 個々人の学業成績や資格に関わるデータをデジタル形式で保管し、統一プラットフォームを介してそのデータへのアクセスを提供し、その永続性と信頼性を保証します。
  • 成績や資格、専門分野で対象者を効果的に検索できるツールが利用できます。
  • 教育機関が学生の学業成績に関わるデータを収益化できるようにします。
  • 希望する企業での就職を目指して、最適な教育過程をシステムが用意することにより、キャリアのゴールを達成できるようになります。

 

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

 

f:id:cop4h_aloft:20181218100642j:plain

  • 2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
  • 2016年第4四半期:学校登録開始
  • 2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
  • 2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
  • 2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
  • 2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
  • 2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
  • 2019年第3四半期:テストネット
  • 2019年第4四半期:メインネット

 


話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判


「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の開発理由


Disciplina(ディサプリナ)は、個人データを始め、学生の成績やテスト結果等の機密情報を保管しますが、個人データなどは、秘密が守られると同時に透明性も必要ですね。

このプロジェクトのアイディアを実施するにあたり、既存のソリューションでは使用できるものがなかったため、独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発したそうです。

Disciplina(ディサプリナ)は、プライベート型かつパブリック型のブロックチェーンで、プライベートな個別のユーザデータと、著作権や商業上の機密保持により守られるマテリアルを使用するためこの形を取っています。

プライベートエレメントでは、記録の一部分にしかアクセスを許可しませんが、パブリックエレメントでは、プライベートチェーンの完全性とネットワークに保管されたデータの信頼性を検証するデータにアクセスできるようにします。

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のセキュリティ


ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の特出すべきセキュリティは下記の3点になります。

 

f:id:cop4h_aloft:20181218100715j:plain

個人データのプライバシー

学生は、自身の個人情報の一部または全部について、アクセスを拒否することが可能です。ユーザーの個人情報は教育機関のプライベートチェーンに保管され、ネットワークの公開部分には、同データのハッシュのみが格納される仕組みです。従って、個人情報は安全かつ厳重に保管されます。

 

データセキュリティ

DISCIPLINAアーキテクチャにおいては、学生の成績に関するデータを教育機関のプライベートチェーンに保管します。これにより、その教育機関がネットワークの使用を中止したり、機器が故障した場合にデータが使用できなくなるという問題が発生する可能性があります。

DISCIPLINAは、すべてのデータのコピーを学生の個人プロフィールにも保存することによってこの問題を解決します。パブリックチェーン上の古い記録にアクセスしてハッシュをチェックすることにより、データの真正性を容易に証明することが可能です。

 

PoSコンセンサスのアルゴリズム

パブリックチェーンでの取引の有効性を確認するために、いわゆる「立会人」が、高速かつ低価格のトランザクションを実現するProof-of-Stake技術に基づくコンセンサスアルゴリズムを使用します。

PoSアルゴリズムの実装に関するレポートは、プロジェクトの技術文書にその詳細につい て記載されており、他の仮想通貨と同様に、立会人には各ブロックの生成に対して、それに発生したトランザクション手数料が報酬として与えられます。立会人がブロックリーダーになる確率は、当該立会人のアカウントのトークン数に比例します。

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」市場


次に「Disciplina(ディサプリナ)」の市場は、どのくらいの市場規模なのか解説していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20181218100732j:plain

米国のEdTech市場は最も大きく成熟しており、年間+4,0-4,4%と緩やかに成長を続けています。
次に大きい市場は中国、インドを中心とする東南アジア地域で、年間17%と勢いがあり、2016年に117億ドルの規模となり、68億ドルであったヨーロッパ市場を抜きました。
東ヨーロッパ市場は、西ヨーロッパに次ぐ12億ドルではあるものの、その成長率は17%と大幅に加速しています。
ロシアは東ヨーロッパ市場の原動力となっており、年間17-25%の成長率を示しているそうです。

[Global Market Insights]の分析によるとEdTech市場の成長予測は、2017年で1650億ドル、2023年には2400億ドルまで増加する可能性があるそうです。

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ICO情報


「Disciplina(ディサプリナ)」のICO情報について解説していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20181218100746j:plain

  • 略称:DSCP
  • ソフトキャップ:7,000 ETH
  • ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  • 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  • キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  • トークン最大発行数:95,000,000 DSCP


全ての参加者は本人確認プロセス(KYC/AML)を踏まなければなりません。アメリカの国籍を持つ場合には、「適格投資家」の対象となるかどうか確認しなければいけません。
また、DISCIPLINAブロックチェーンを使用するアプリケーションでの支払方法は、DSCPトークンと、DSCPより小さい単位で、小額の支払に使用されるLogicを利用することが可能です。

DSCPトークンは標準ERC20のトークンで、クラウドセール期間中に配布され、DISCIPLINAのMainNetの稼働後に1:1の割合でネイティブトークンに変換されます。

 

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:cop4h_aloft:20181218100758j:plain

今回は、話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」について詳しく紹介していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンで、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することを目標としています。

 

話題になっている評判のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とは?どんな仮想通貨なのか?評判・特徴・上場情報など一斉公開!|仮想通貨初心者情報局

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とは?どんな仮想通貨なのか?評判・特徴・上場情報など一斉公開!|仮想通貨初心者情報局

 

今回は、2018年一押しの仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とはどのような仮想通貨なのか?既に上場している仮想通貨ですが改めて特徴から上場情報まで、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを一斉公開していきたいと思います。

 

※更新日:2018年12月18日

 

f:id:cop4h_aloft:20180416140852j:plain

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とは?

 

Wowoo(WWB)はシンガポールで開発されているプラットフォームの名称で、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)になります。

目的は「感動の価値化」。
簡単に言うと、Wowooは人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることができるプラットフォームを目指しています。

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」公式サイトはこちら

wowoonet.com

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」ホワイトペーパーはこちら

http://wowoonet.com/pdf/wp_wwb_e_v204.pdf

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」仮想通貨詳細

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」はイーサリアムをベースに作られました。

スマートコントラクトを実装しており、Wowbit(ワオビット)の発行枚数などはマイニングではなく、Wowoo(WWB)システムが管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能(Wowoo委員会の承認とWowooトーク保有者の2/3の可決)によって決められます。

Wowooの運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

  • トークンの名称:Wowbit
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」特徴

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の特徴といえば、「準備金制度」や「特別決議機能」です。
Wowoo(WWB)の準備金制度は20%で、Wobit(ワオビット)のトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整されます。

その結果、仮想通貨Wobit(ワオビット)の売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出します。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、仮想通貨Wobit(ワオビット)の保持者による投票で意思決定がされることです。

 

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」ロードマップ公開

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」のロードマップは下記のとおりです。

f:id:cop4h_aloft:20180730180212j:plain

  1. 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  2. 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  3. 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  4. 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  5. 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」チームメンバー公開

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」のチームメンバーを紹介します。

下記メンバー以外にもアドバイザーの方々もいらっしゃいます。

f:id:cop4h_aloft:20180730181321j:plain

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」一押しの理由

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が、なぜ2018年一押しの仮想通貨なのか?その理由は大きく4つあります。

 

f:id:cop4h_aloft:20180423195222j:plain

  • ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  • 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  • NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦
  • 既に上場している

f:id:cop4h_aloft:20180730180524j:plainf:id:cop4h_aloft:20180730180542j:plain

理由の1つは、仮想通貨の第一人者であるロジャー・バーがWowooの評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛したことです。
ロジャー・バーはICOのアドバイザーとして今後のWowooプロジェクトにも参画するとのことです。

また、日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしていること、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWowooのアドバイザーとして参画していることです。

大手が出資し、仮想通貨業界の大物二人が参画していて、すでに上場しているので一押しの仮想通貨なのです。

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」上場取引所公開

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が上場した取引所「BIT-Z」について情報を公開していきます。

 

2016年に開設されたBit-Zという取引所は、会社名、代表者などはは発表されていなく、一切不明となっています。

Bit-Zは中華系の取引所で香港、シンガポール、北京に拠点を持ちます。

f:id:cop4h_aloft:20180601170816j:plain

BIT-Z特徴
  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • アプリ:iOS版、Android

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」活動情報一斉公開

 

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が上場するまでにどの様な活動をしてきたのか?原文と翻訳文を併せてこれまでの情報を一斉公開していきます。

※翻訳文についてGoogle翻訳したものを掲載しているので文章がおかしい点があるかもしれませんが予めご了承ください。

f:id:cop4h_aloft:20180416140925j:plain

最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ、仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定

venturetimes.jp

 

プレトークンセールが12分で完売のWowBitトークン(WWB)、近日配布と公式サイトより発表

 

venturetimes.jp

WowBitがすぐに上場予定!  

WowBit soon to be listed!
We are pleased to announce that out of 6 global exchanges that we are currently aiming to list our native token of Wowoo ecosystem, WowBit (WWB), we have officially received confirmation from one exchange that has great impact in the industry and will be listed shortly.

There will be a campaign held for new users joining the exchange service, and we should be able to announce further about it within few days!

As we receive numbers of contacts from different projects that wishes to join the blockchain industry, we believe it is important to secure high liquidity of WowBit in our ecosystem, so that we will be able to accelerate the community and support many projects that would change our society for the better.

Kindly look forward as we will keep our community updated about listing on other exchanges too.

Wowoo Team

 引用元:Wowoo公式サイト

f:id:cop4h_aloft:20180601170741j:plain

BIT-Zに掲載!

 

LISTING ON BIT-Z!!
It is our honour to announce that WWB token will make its first listing on Bit-Z (https://www.bit-z.com/) on May 15th, 2018!!
We deeply considered out of the 6 exchanges we had great discussion with, and have decided upon prioritising long term valuation of Bit-Z.

Bit-Z has a great potential in the industry, as having its fundamentals in Hong Kong, Beijing and in Singapore, it is one of the most trusted exchange among users of both Chinese and English speaking area. The exchange provides a very low charges for its users for trading, which is another reason why worldwide altcoin traders prefers this exchange.

We are currently under preparation of a token bonus campaign, which will be releasing as much as 400,000WWB and will be announcing the details soon, so we recommend users who have yet not registered to the exchange to kindly wait until we provide further announcement on the campaign.

Please do note that you cannot deposit your WWB tokens in the exchange yet, and this will only be after our next announcement regarding this topic. Also, please refrain from contacting our contact emails about how to sign up, trade, and manage, etc. of your Bit-Z account, as these questions can only be answered by the exchange themselves.

Warmest regards,

Wowoo Team

 

引用元:Wowoo公式サイト

f:id:cop4h_aloft:20180601170741j:plain

第2回Bit-Zキャンペーン!

2nd campaign on Bit-Z!
We are happy to announce that the 2nd promotion of WWB on Bit-Z is now under preparation.

The TOP 100 WWB traders ranked by total WWB trading volume under below period will be rewarded!!

Period:
2018/06/08 15:00 to 2018/06/15 15:00(UTC/GMT+08:00)

Rewards:
1st: 20,000WWB
2nd & 3rd: 10,000WWB
4th to 100th: 1,700WWB

(*Users are required Level 3 Certification to receive the rewards)

Please refer to the Activity page on Bit-Z for further information on the competition.

 引用元:Wowoo公式サイト

f:id:cop4h_aloft:20180730180356j:plain

Wowoo Entertainment

Wowoo Entertainment
We believe that one of the key trigger which will play an important role to permeate blockchain technology into our society is via entertainment.

“Entertainment” is directly linked to our human instincts, and has the power to gather people together. Often in this part of the culture, one’s differences are not criticised, and the important element exist there is not where interests lies or for the sake of convenience, but simply the enjoyment we feel.

As blockchain being a technology of not only an extension of convenience but also involving philosophy of trust and consensus, it would require our society itself to change to accept them. Therefore, we’ve been discussing several ways which would allow us to interact with and start to accept the technology more casually since we started our project, and entertainment sector was one industry we decided to put effort in.

As we’ve already succeeded in supporting the release of a TV series which were broadcasted in Asia and recorded nearly 1 million viewers, which involved a scene of sending tokens to show gratitude via online media, we are planning to take our activity further to release “Wowoo Entertainment” project.

Apart from supporting ICO projects interacting with some major contents of entertainment, such as Food, sports, travels, etc., we are currently planning to set up our own brand project to support the movie/media industry. We are on final adjustment with a major production company representatives to release world-class movie contents.

Please look forward to the further announcements on the project.

 引用元:Wowoo公式サイト

グローバルブロックチェーンサミットに参加2018

 

Attending Global Blockchain Summit 2018

Fujimaru Nichols, the CEO of Wowoo Pte. Ltd. will be speaking at Global Blockchain Summit 2018 Manila on June 24th.

There will be presence of Politicians from different countries, including President Rodrigo Duterte of the Philippines, a large number of internationally renowned experts and scholars, and hundreds of industry leaders at the summit to promote the blockchain technology better in the global landing.

As Wowoo is already in course of setting up a 2nd subsidiary company in the Philippines, we believe it will be a great opportunity to expand our connections with the local government and exchange
ideas in order to scale the blockchain opportunities within one of the most growing country in Asia.

http://1hw.com

 引用元:Wowoo公式サイト

f:id:cop4h_aloft:20180730180434j:plain

2018年6月、Bitcoin.comによるパートナーシップ

Partnertnership with Bitcoin.com
It is our honour to announce that Wowoo Platform and Bitcoin.com are making strategic partnerships to study and contribute further to the blockchain space together.

As a first step of our partnership, we are planning to run an airdrop campaign on both sides of the website in the near future. We both believe that it is important to spread the essence of the blockchain technology to wider range of people, mainly towards those who are not yet involved in the industry. The airdrop will be targeting new users who are willing to step in to this field, and in return earn the most valid payment solution, Bitcoin Cash (BCH), and the native token of Wowoo project, Wowbit (WWB), to start their new journey in the coming society.

Furthermore, we will be working on the future implementation of Bitcoin Cash (BCH) as a mode of payment to use Wowoo Platform, which the beta version are scheduled to be released this coming summer, and full version next year. We will also consider varieties of collaboration of BCH and coming Wowoo projects.

As we as Wowoo aims to welcome inspiring and socially-appreciated projects in the blockchain space to increase more live use cases, we have already made over 10 project contracts, which mostly involves well known entities or services worldwide and are prospected to bring in large number of people in the space.

We are confident that BCH and WWB will have a great synergy in not only these coming Wowoo projects, but also the space in general to open up new possibilities to seize a new way of society for the people.

Below is a comment from Roger Ver, the CEO of Bitcoin.com of this partnership:

"Bitcoin.com is happy to partner with Wowoo Pte. Ltd., and I believe partnership between bitcoin cash and Wowoo platforms will be a new milestone in the crypto space."

WEB: Bitcoin.com

  引用元:Wowoo公式サイト

 

 

2018年7月、Wowoo Platformβ版リリース

youtu.be

 

 

2018年8月、WWBトークンがCoinExに掲載される

f:id:cop4h_aloft:20180828100920j:plain

 

WWBトークンが公式にCoinEx(https://www.coinex.com/)に掲載されることを発表することに興奮しています。CoinExは主要なデジタル通貨交換の1つであり、英語、日本語、中国語(簡体字)、繁体字中国語のサービスを運営しています。現在、CoinExは100以上のデジタル通貨取引ペアを提供しています。

CoinExは、2017年12月にグローバルかつ専門的なデジタルコイン交換サービスプロバイダとして設立されました。CoinExのコアチームは、R&D、グローバルオペレーションおよび業界での豊富な経験を誇る、初期の採用者や暗号化の専門家を含む、世界をリードするインターネットおよびファイナンス企業のチームです。CoinExは、ほぼ100の国/地域でグローバルな取引サービスを提供しています。

WWBトークンがBit-Zで最初に上場した後、私たちは多くの世界的なデジタル通貨交換について議論し、Wowooの長期的な事業推進を目指す第2のリストとしてCoinExを慎重に選択しました。

CoinExのリスティングとキャンペーンに関する詳細は、すぐに発表されます。まもなく、WWBの流動性を高めるために、他のリスティングやその他の活動に関する最新情報を発表する準備をしています。

  

2018年8月、Wowoo Exchangeに関するアップデート

f:id:cop4h_aloft:20180828100834j:plain

Wowoo Exchangeは、Wowooの生態系の中で、世界で主流になるトークン経済の流動性を最大化することに貢献することを目指すプロジェクトです。

コンセプトとして、私たちは、ヨーロッパ、SEアジア、米国を中心に、FC、PLP、JVの形で世界各地に交流を広げていきたいと考えています。また、私たちは、取引所での通貨とセキュリティトークンを扱い、取引所のKYC手続きと他のWowoo ICOプロジェクトを組み合わせることも検討しています。

Wowoo Exchangeは、金融と国際ハブの国として知られているだけでなく、ブロックチェーンと暗号侵害の開発にも親しみやすいシンガポールに由来します。現時点では、現在MASからの相談を受けており、財務ライセンスの申請中です。コンプライアンスとセキュリティに関する厳格な検査とレビューは最終段階にあり、現在香港、英国、米国、ラトビアでの取引所の開設を進めています。

詳細な体制を構築し、世界各地の市場を広域に広げるために、9月中旬にWowoo Exchange Token(WWX)を公開し、交換サービスのリリースを目指しています2018年10月の終わり頃にオープンしました。

当社のプロジェクト基盤構築プロセスは非常にうまくいっていますが、財務と暗号化に関する世界のさまざまな規制に対応する必要がありますが、ウェブサイトとホワイトペーパーを更新して、この中でプロジェクトに関する詳細情報を公開する予定です。 

 

 2018年9月、ACUとのコラボレーション(アメリカ保守組合)を発表

f:id:cop4h_aloft:20180925103951j:plain

Memorable day has come! Today, it is our great honour to announce that we will be cooperating with ACU (The American Conservative Union), the greatest supporter of The Republican Party in the United States, based on Wowoo Platform.
From this point, we will enhance our relationship with the country of United States of America, and we believe this is the historical event not only for Wowoo but also for the blockchain technology in general.

ACU, founded in 1964, is the oldest and influential conservative organization which functions as leader of all conservative organizations with its extraordinary power towards presidential election and pre-election. Moreover, ACUF (American Conservative Union Foundation), a part of the political organization The American Conservative Union operating as think-tank, and ACU-PAC (The American Conservative Union Political Action Committee) are proactively spreading conservative ideas and policies to the society by level of government, congress, state legislature, and through political candidate, lobbying, and social media. Once again, ACU’s policies, which prioritize national defense and one’s liberty, responsibility, plenary power, are spreading its influence towards conservatives within the society.

https://conservative.org/

The Asia group of ACU will conduct an ICO focusing liberty based on Wowoo Platform. Cooperating with ACU will bring massive impact to not only United States, where regulations on cryptocurrency are still being concerned, but also for the society. We are certain that this will be the biggest step towards the change of our history and it will spread inspiring value and many more we could never have imagined before to the world.

Moreover for WowBit (WWB) holders, airdrop will be performed in the near future.
More details on the project and airdrop will be announce accordingly.
Please keep track of the updates via Telegram, Twitter (@WowooHQ), and our Website for further details.

Telegram: https://t.me/wowooofficial
Twitter: https://twitter.com/WowooHQ
Wowoo website: https://wowoonet.com/

 

2018年9月、SACシステムの開発と新しいトークンの発行

 

Today we are excited to announce a very important update for our supporters.

As Wowoo project has started from 2017 and have made it this far as a startup, we believe most of you are aware of one of the core technology inside Wowoo Platform Service, which we have indicated inside our Whitepaper as the Smart Active Control (SAC) feature.
This technology is aimed to develop a revolutionary system whereas complicated Smart Contracts development can be done easily and by anyone. By using blockchain technology, we believe SAC will enable its users to experience truly fair means to exchange “credits” in our coming new society, by being able to customize Special Resolution system and Covenants control for example.

With regards to the SAC system development, we have been looking into possibilities to build it on NEO platform, as we have initially switched over to NEO blockchain for the faster TPS and growth of its community, however, we have concluded that it is impossible to be built on NEO platform at the moment. As we will be needing this feature for supporting government related projects in US and Malaysia for example, we hereby announce that we will be developing our SAC system separately on Ethereum platform which is the only option available at this point, until we release our mainnet blockchain (Scheduled 2019).

With this change, we will be issuing a new token on Ethereum blockchain as ERC20 standard token.
Compared to the current Wowbit token (WWB) which will work rather by the side of our users, in which being able to receive airdrops of our community projects and exchange as a way to express our gratitude, our new token to be issued is expected to circulate mainly as a token which benefits the project owners (token issuers).

As recent crypto market condition is critical, the true value of ICO tokens are now being asked. We prioritise our service development which we believe will definitely be appreciated upon the new grand opening of the blockchain era, which are to come soon.

We will be providing our newly issued token to the users who have believed and contributed to our project, accordingly to the amount of WWB owned. As the cross-chain technology is not yet developed, we cannot automate this process of airdropping, however, we will be opening a special website for this hopefully within the year, so please look forward to the further updates on this topic.

We truly appreciate everyone’s support.

 

 2018年10月2日、Wowoo Exchangeのアップデート

 

Since our updates of Wowoo Exchange in the mid-August, Wowoo Exchange team has been working on two important factors and continuing this project to meet its goal for success in business and consolidate Wowoo ecosystem.
These two factors are…
-Construction of robust security system to protect from cyber-attacks.
-Secure the liquidity of massive cryptocurrency exchanges.

We announce that system design and verification for constructing robust security system has finished. This system includes installation of security detection software, which fulfills government and military security level and consulting agreement with world’s top-class security company. Moreover, Wowoo Exchange is planning to implement world’s top-class AI analytic platform. Although, the details about the security cannot be revealed due to confidentiality.

Since the announcement on August, negotiations with world’s major exchanges to ensuring liquidity have been taking place. As a result, an agreement with Tokenized, based in Singapore, to secure liquidity have settled. This partnership also includes technological cooperation of constructing robust security system, trades with fiat currency, and access to IEO platform.

With these capabilities, we believe Wowoo Exchange will be the key player of global exchange market.

Finally, we are pleasure to announce that Wowoo Exchange will start KYC registration in November.

Thank you for supporting us. Further information will be updated soon including updates of our website.

Tokenize
https://tokenize.exchange/

Please keep track of the updates via Telegram, Twitter, website and blog for further details.

Telegram: https://t.me/wowooofficial
Twitter: https://twitter.com/WowooHQ
Wowoo website: https://wowoonet.com/
Wowoo blog: https://blog.wowoonet.com/category/blog/

 

WWBCトークンに関する追加情報を公開

 

 

To increase community confidence and transparency, Wowoo team decided to officially announce additional information related to issuing new token, Wowbit Classic (WWBC).

As we announced on September 25th, our new token WWBC will be additionally issued in order to expand our community, and moreover it will be granted (airdrop) to WWB holders with some conditions.

Issuing Conditions:
- We will NOT conduct any pre-sale or crowdsale regarding WWBC.

- Due to the nature of WWBC, WWBC should be tradable. However, as it is mainly issued for project owners within our community, and the supply will be strictly managed.

Grant (airdorp) Conditions:
- Granting (airdrop) rate will be maximum of 3 WWBC towards 1 WWB

- This is NOT an unconditional grant (airdrop) to all WWB holders, however, we will not ask WWB holders for a big burden for joining the program. Wowoo will ask for some actions to someone who wishes to be granted to improve our community. For example, registering our platform or following twitter.

- WWB must be deposited into our platform, which we had announced on September 8th. More details will be announced accordingly. Also, NEO and Ethereum cross chain granting (airdrop) technology isn't established yet. Therefore, we must create our platform first to manage users' WWB. The granting (airdrop) is scheduled to be conducted at the end of this year based on our platform development schedule.

- There are certain selling restrictions (lock-up) for WWBC obtained from this granting (airdrop).

-Mainly circulated token inside Wowoo community as per users will still and always be WWB.

The main purpose of issuing WWBC is speeding up the development of SAC, so that the feasibility of our government related projects including US and Malaysia will greatly increase. Thank you for your understandings and supports. We will announce more detailed information soon.

 

新しいトークン、Wowbit Classicの詳細説明を公表

詳細はベンチャータイムスにて

venturetimes.jp

 

「WWB|Wowbit」がFAN Bettingホワイトペーパーを公開

 

FAN Betting Whitepaper published
Posted by Wowoo
FAN betting project, a Wowoo produced project, published its whitepaper and updated its website.


FAN betting is the total sports entertainment management platform on blockchain. The core idea of FAN betting is to build interaction system that will provide athletes, clubs, fans, media, advertisers, sponsors and other stakeholders with advanced tools and incentives for deeper involvement and engagement. Fans, in real time, are able to participate, analyze, critique, fantasize, betting and connect with their favorite athletes and clubs while watching the game on TV.

 

「WWB|Wowbit」がANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能

It is our honor to announce WWB is available for a payment of FAN betting (FANBTG), although, it was not mentioned on the white paper. The announcement was delayed due to the discussion of exchange ratio and the discount rate for using WWB. Once they are agreed, we will update information as soon as possible.

https://fanbetting.world/

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 

「WWB|Wowbit」、 Four Nineに関する最新情報を公開

 

We have been supporting variety of ICO projects including LIFEX and ZEN which is listed on exchange already. Today, we have to inform that Four Nine project, which is open to the public, will not conduct ICO on Wowoo Platfrom.

To enhance our eco-system, we have been cooperating with many projects from different perspectives. We accepted Four Nine project’s request of leaving our platform for goal of their utility token differs from Wowoo’s goal.

We wish for the Four Nine project to success. The project is still progressing as the website has been updated along with white paper. For further updates, please check Four Nine official website from now on.

https://four9.gold/

Last but not least, there are more than 10 Wowoo projects including undisclosed projects so please look forward for the future updates.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 「WWB|Wowbit」、クラウドマイニングのための受け入れについて

 

WWB保有者のための新しいサービスの創造は私たちの毎日の配慮です。良質のサービスを提供するだけでなく、これらのサービスを維持し、アップグレードすることは私たちの義務です。

今日では、WWBを受け入れるクラウドマイニングサービスのリリースにいくらかの遅れがあることをお知らせしたいと考えています。9月にサービスを発表したので、私たちはまだWWBトークンで特にカスタマイズされた新しいマイニングオプションを開発しており、パフォーマンスの効率を高めて製品のテストを開始することができました。

前述のように、この時点での基本的な構造は、Wowooが提供するWWBをOKfinc mempool(OKfinc LTDが運営している)に預けることであり、帰還ユーザーは非常に高い仕様の鉱山機械でクラウドマイニングの機会を得ることができます。したがって、ユーザーは採掘結果に応じて利息を得ることができます。

私たちはこのマイニングシステムが、ウォーホーの生態系における重要な要素の1つになると信じています。異なるタイプのブロックチェーンが今後のトークン経済において役割を果たすことが期待されています。

現在、OKfincのサポートにより、鉱業の業績をさらに向上させることが期待される別のテストを実施しており、世界中の同等かつ便利なサービスを提供する法的構造を明確にしています。

さらに、我々は、高性能鉱山機械を購入するためにWWBを受け入れるための追加オプションを提供することを検討している。

今後、クラウドマイニングサービスの公開日について発表いたします。

 「WWB|Wowbit」、ColdLarウォレットに受け入れられたと発表

 

One of our objectives is to strengthen the relationship with countries around the world to become widely accepted, starting from Asian countries, by attending many conferences, including Japan and China Blockchain Conference. Today, we are excited to announce that WowBit (WWB) is the first NEP-5 standard token to be accepted by ColdLar wallets.

ColdLar wallet is one of the best cold wallets in the world developed by Beijing Coldlar Information Technology Co., Ltd. which is specialized in offering professional blockchain digital assets storage solutions with its partners, Huobi, BITMAIN, etc.

https://www.coldlar.com/

ColdLar wallets are cold hardware wallet totally separated from internet and will never be connected to the network to prevent hackers. With Coldlar application, available for both iOS and Android, ColdLar wallets will provide perfect securities for managing cryptocurrencies.

 

 「WWB|Wowbit」、神宮外苑いちょう祭りのスポンサー&社会実験を発表

 

It is our honour to announce that Wowoo will be sponsoring Jingu Gaien Ichou Festival 2018.

Jingu Gaien Ichou Festival is an autumn festival held in Tokyo, Japan. The Jingu Gaien is a memorial facility of the Emperor Meiji, in which was built in wish to provide a field to improve our physical and mental health, and spread great cultures. Being the part of Meiji Shrine, one of the most respected shrines of Japan, nearly 2 million people visits during the time of this festival to enjoy the tinted autumn leaves of the maidenhair tree.

As Wowoo being a blockchain community which aims to make use of blockchain technology in different industries, to not only improve general conveniences, but also to preserve, expand and credit great ideas and cultures, we had been significantly lucky to be able to discuss the future of blockchain with the heart of Japanese culture.

Some examples of a man’s foundation are cultures and believes. In Japanese Shintoism, many goes to the shrine to spend time to face their inner self, donate and pray. We have been discussing the possibility of utilising blockchain to open a new form of transparent system in these area. As a result, we have confidently decided to sponsor this event, as well as conducting the world’s first social experiment which aims to connect blockchain and unique cultures rooted in our lives.

During the event, we will be setting up a special event, where people will be able to make their prayers and donations. Their prayers will be taken of a survey and will be publicly disclosed to visualise what people are actually praying for. The donations are to be made 100% in tokens, in which will be donated to KIZUNA project which supports the reconstruction of the disaster places across Japan.

https://www.kirin.co.jp/csv/kizuna/

Upon the success of the event, we wish to produce Shintoism compliant blockchain project together with our partners. The token generated would potentially increase the real value of our native token, Wowbit (WWB), as an inbound token. We will aggressively continue to arrange more such inbound demands for our tokens with our future cooperation.

Through this event, we wish to seek the possibility of blockchain, and also represent to ordinary people of the potential of this technology which may be casually used in different scenes in the near future. The Smart Active Control (SAC) is one of the core system which we are building in Wowoo, which will enable people to utilising Smart Contracts and messaging on the blockchain, and we see the future that this may become a killer app for many more industries.

The festival will be held from the 16th of November to 2nd of December, 2018 in Tokyo.

http://www.jingugaien-ichomatsuri.jp/

 

 

「WWB|Wowbit」、Wowoo ExchangeのKYC承認プロセスの開始日を公開

 

KYC approval process for Wowoo Exchange is starting 25th, this month.

Wowoo Exchange is seeking to fulfill world’s top level security and provide healthy operation as global exchange. In the field of cryptocurrency exchange with high anonymity, KYC is believed to take the most important role for preventing unauthorized uses and money laundering.

Wowoo Exchange will be using YOTI’s KYC approval system for all account opening of the exchange.

Wowoo Exchange token, WWX, will able to be distributed accordingly to approved accounts. Details of the process will be announced separately.

~About KYC approval system YOTI~

YOTI is digital identity platform which is capable of completing ID and multifactor approval within few second. Earning good reputation from great numbers of companies with its advanced technology, robust security and flexible development capability, YOTI has reached out to Indonesia and United States of America from its base, London.

https://www.yoti.com

Adopting this system will allow one-stop approval among several exchanges, provide security, and simplify procedures as user benefits.

The final destination of Wowoo Exchange will be handling numbers of cryptocurrencies and fiat currencies from over 20 countries. The exchange is preparing to acquire various types of license such as security trading from each country which will make it possible to handle security tokens. Moreover, implementation of STO support system is being planned. Keep an eye on Wowoo Exchange activities.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 「WWB|Wowbit」、LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表

 

We are announcing phase one LIFEX token offering has ended.

LIFEX project is now able to proceed with its project with support from angel investors and pre-sales.

Due to the synergy of related members, LIFEX is capable of covering large area. Also, to successfully build new generation medical platform which does not exist yet in the blockchain field, LIFEX were expecting to set the lead time longer. Considering the circumstances of crypto field and since it is difficult to construct the whole concept of which LIFEX plans, decision of closing the procurement as phase one were made, believing that making progress for realizing projects is the most important factor.

Therefore, LIFEX is announcing and has begun constructing its own blockchain network.

Development will be operated by a team with the core council, Nakamura, CEO of OKEIOS Inc., subsidiary company of OKWAVE. OKEISO’s lifelog information circulation platform, combination of blockchain and decentralized secret storage technology, has high reputation in Japan. Utilizing its knowledge and the brains of various councilors, LIFEX will construct most efficient LIFEX Blockchain Network for handling medical data with authenticity, maintainability and utilization.

The data acquired from blockchain and its analysis results can be used not only for development of specific medicines and preventive medicine by discovering common points such as diseases in the large universe, but also for regenerative medicine and personalized medicine.

LIFEX will bring solutions for the issues occurred from longer lives, increase in medical expenses, negative effects and other problems within the medical industry by sharing big data, which is obtained from blockchain technology to the world, aiming to enhance the development of new medicine, improve and expansion medical industry.

https://lifex.bio/

To create better society from different point of view, we will support LIFEX to bring excitement from medical field. Thank you for the support.

 

 

 ※引用元は仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の公式ブログより引用

※今後、仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」の新しい情報が配信され次第追記していきます。

 

2018年一押しの仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とは?どんな仮想通貨なのか?評判・特徴・上場情報など一斉公開!まとめ

f:id:cop4h_aloft:20180507104136j:plain

今回は仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」とはどのような仮想通貨なのか?改めて特徴から上場情報まで一斉公開したので長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

長文にはなりましたが、仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」がどの様な仮想通貨なのか理解していただけたかと思います。

仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」は、ロジャー・バーとNEOの創業者が参画、「OKWAVE」が出資、BIT-Zにすでに上場と、一押しの仮想通貨と評判になるのも納得の仮想通貨です。

改めて仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」が気になった方は今からでも遅くはありませんので注目してみてはいかがでしょうか。

今後も仮想通貨「Wowoo(WWB)|Wowbit(ワオビット)」について新しい情報が公開され次第追記していきます。

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になるイベント情報や上場情報など最新情報を紹介!|仮想通貨初心者情報局

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になるイベント情報や上場情報など最新情報を紹介!|仮想通貨初心者情報局

 

 

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になるイベント情報や上場情報など最新情報を紹介していきます。

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164857j:plain

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

ASOBI COIN(アソビコイン)公式URLはこちら

asobimo.io

詳しくはこちらをご覧ください。

cripto-coins.hatenablog.com

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるイベント情報

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催すると発表がありましたので気になるイベント情報を詳しく説明していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20180912184035j:plain

  • 韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』開催決定~アソビモと韓経ドットコムが共同開催~

 

『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』概要


イベント名:2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO
主催:韓経ドットコム、アソビモ株式会社
日程:2018年10月23日(火)・24日(水)
会場:グランドヒルトンソウル(353 Yeonhui-ro, Seodaemun-gu, Seoul, Korea)
※詳細は後日発表予定

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤克紀)は、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間に渡って、韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』を韓経メディアグループの韓経ドットコムと共同開催することを発表しました。

『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』は、世界各国のビジネスリーダー、ブロックチェーン技術者、投資家が参加する2日間のカンファレンスと展示会で、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間にわたって韓国のグランドヒルトンソウルで開催されます。70人余りのスピーカーが登壇するほか、100以上の関連会社がブースを設置する予定となっており、約3,000人の参加が見込まれます。

また、このイベントはソウル市がスポンサーとして支援しており、ソウル市長を務める朴 元淳(パク・ウォンスン)氏がスピーチをされます。詳細は後日発表予定です。

http://koreablockchainexpo.com/

 

 

 

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になる上場情報

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になる上場情報について探してみましたが公式での上場情報はありませんでした。

上場に関しては公式で発表があり次第追記します。

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になる最新情報

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になる最新情報を詳しく説明していきます。

 

  • 株式会社メディア工房と業務提携 ASOBI MARKETでの協業

 

f:id:cop4h_aloft:20180912184113j:plain

株式会社メディア工房概要

会社名:株式会社メディア工房
所在地:東京都港区赤坂4-2-6 住友不動産新赤坂ビル12階
代表者:代表取締役社長 長沢 一男
URL:https://www.mkb.ne.jp/

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤 克紀)は、2018年8月29日、株式会社メディア工房(本社:東京都港区 代表取締役社長:長沢 一男)との業務提携を発表しました。

この度、占いコンテンツをはじめとするデジタルコンテンツ事業を手がける株式会社メディア工房と、ブロックチェーン領域においての業務提携を行いました。

当社が開発中のブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツ保護・流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」において、株式会社メディア工房が保有する占いコンテンツの提供や、ブロックチェーン事業の提携など、戦略パートナーとして様々な取り組みを検討して参ります。

 

 2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164843j:plain

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になるイベント情報や上場情報など最新情報を紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」は、2018年10月23日、24日に最大級イベント「2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO」を共同開催するそうです。

上場情報はまだでしたのであり次第追記しますが、占いコンテンツなどを手がける株式会社メディア工房とも業務提携するそうなので、上場も間近かもしれませんね!

気になった方は2018年注目度NO.1仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に期待してみてはいかがでしょうか?

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介!ホワイトペーパー情報!|仮想通貨初心者情報局

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介!ホワイトペーパー情報!|仮想通貨初心者情報局


今回は、話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介していきます。

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180730161429j:plain


話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ホワイトペーパー概要

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)の公式サイトはこちら

hashberry.io

詳しくはこちらをご覧ください。

cripto-coins.hatenablog.com

 

 

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー

 

前回に引き続き紹介する注目のメンバーは、下記5名になります。

f:id:cop4h_aloft:20180912183052j:plain

  • Seree Thonglor マイニング運営・主任エンジニア
  • Mario Kaesar クリエイティブ・ディレクター
  • Kana Nakanishi PRディレクター/エグゼクティブプロデューサー
  •  Ram Narula エンジニアリング・ディレクター
  • Amnart Plonrit マイニング運営・シニアテクニカルマネージャー

 


話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20180807104713j:plain

今回は、話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介していきました。

今回でICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーはすべてご紹介しました。

これだけメンバーが充実しているICOは、なかなか無いので今後が楽しみですね!

今後も話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)」の活動に期待しましょう!

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップ、気になるイベントの参加実績など最新情報を紹介!|仮想通貨初心者情報局

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップ、気になるイベントの参加実績など最新情報を紹介!|仮想通貨初心者情報局

 

 

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップや、気になるイベント参加実績など最新情報を紹介していきます。

 

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164857j:plain

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

ASOBI COIN(アソビコイン)公式URLはこちら

asobimo.io

詳しくはこちらをご覧ください。

cripto-coins.hatenablog.com

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」ロードマップ

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップは下記の通りになります。

f:id:cop4h_aloft:20180730164629j:plain

 

2018年

・ASOBI STOREでASOBI COINや仮想通貨を関連ゲーム内で利用可能化

・ゲームアイテム二次流通プラットフォーム「Switex Japan」のサービスが開始

 

2019年

・分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスを提供

・デジタルコンテンツの二次流通(中古販売)プラットフォームを提供

 

2021年

・中央サーバーが存在しないオンラインゲーム、DAPPS−MMORPGの提供を開始

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるイベント参加実績

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」は今までに数多くのイベントに参加してきた実績があります。

ではどのようなイベントに参加してきたのか?気になる参加したイベントをまとめたので紹介していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20180828095912j:plain

参加イベント一覧

 

  • BEYOND BLOCKS
  • BLOCKCHAIN GAMER CONNECTS
  • ethereal SUMMIT
  • FLUDITY
  • FUTURE BLOCKCHAIN SUMMIT
  • POCKET GAMER CONNECT
  • BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  • TOKEN SUMMIT
  • TokenSky
  • BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  • COINGEEK CONFERENCE
  • BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  • SYNCO
  • Futurama Blockchain Innovators Summit


2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」インタビュー動画

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の評判のインタビュー動画についてご紹介していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20180828095943j:plain

ASOBI COIN - interview with Sean Katsu Matsuda

 

block-clip.com

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」Tokenskyのインタビュー

youtu.be

  


2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164843j:plain

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップや、気になるイベント参加実績など最新情報を紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の気になるイベント参加実績は今までになんと、14カ所も参加しています。

また、インタビュー動画も見ておくと「ASOBI COIN(アソビコイン)」について参考になると思います。

気になった方は2018年注目度NO.1仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に期待してみてはいかがでしょうか?

 

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介!ホワイトペーパー情報!|仮想通貨初心者情報局

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを前回に引き続き紹介!ホワイトペーパー情報!|仮想通貨初心者情報局

 

 

今回は、話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の評判のメンバーを前回に引き続き紹介していきます。

 

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180730161429j:plain

 

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ホワイトペーパー概要

 

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)の公式サイトはこちら

hashberry.i

 

詳しくはこちらをご覧ください。

cripto-coins.hatenablog.com


話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のCFO「Supannee Suzuki」氏

 


ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のCFO「Supannee Suzuki」氏について紹介していきます。

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180828094530j:plain

Supannee Suzuki
Co-Founder & CFO & GM

 

Supannee Suzuki氏は、総額で数十億ドルともなる多くのIPO(新規公開株)案件や最高額とも言える企業債権取引を扱うサイアム・コマーシャル・バンク(CPグループのIPO及び債権を担当)と呼ばれるタイ最大の投資銀行グループから、HASHBERRYのメインとなるチームに参画した成功したバンカーである。同氏はかつて野村証券で働いており(投資信託のマネージメント)、スタンダード・チャータード銀行(富裕層顧客向けの資産管理)及びマレーOT証券(株式・商品仲買)での勤務経験もある。また、資本市場での投資ライセンス、公認ファイナンシャル・アナリスト(進行中)、バンコク大学のMBA保有している。

 

Supannee is a successful,
fully-licensed banker
who joined Hashberry’s
leadership team from
Thailand’s largest investment banking group,
Siam Commercial Bank (IPO/ Bond for CP
Group). During her tenure, she worked with
many IPOs and high-end corporate bond
transactions totaling several billion dollars.
She was also formerly with Nomura Securities

(Mutual Fund Management), Standard
Chartered Bank (Wealth Management for
high net-worth clients) and RHB Securities
Thailand PCL (Stocks & commodity
brokerage). She holds a Capital Market
Investment License, MBA from Bangkok
University and is currently in the process of
becoming a Certified Financial Analyst.

  

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目の「Dr. Jim Nissing」氏

 


ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目の「Dr. Jim Nissing」氏について紹介していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20180828094549j:plain


Dr. Jim Nissing, JD

 

Jim Nisshing 氏はアメリカ合衆国ワシントン州の弁護士であり、シアトル大学法学部を卒業し、法学博士号の学位を保有している。 知的財産管理、M&A、LOB、大企業取引、不動産開発および管理、国際法を主に専門としている。 また、ワシントン州シアトルに所在するジム・ニッセンPLLSC(ジム・ニッセン法律事務所)とMatrix Financial Networkの創設者で代表取締役でもある。ニッセン氏は数冊のビジネス本を出版しており、ビジネスセミナーにおいて大変人気のある講師であり、さらには、ワシントン州タコマの米軍事機関の講師およびインストラクターも兼職している。

 

Jim Nissing is an attorney
based in Washington State,
USA, and is a graduate from
Seattle University School of
Law with the Jurist Doctor’s
degree. He specializes in intellectual property
management, M&A, LOB, large business
transaction, real estate development &
management and international laws.

He is also the founder and president of
Law Office of Jim Nissing PLLC and Matrix
Financial Network in Seattle Washington.
He is the author of several business books,
a popular speaker in the business seminar
circuit, and lecturer and instructor at the US
military institute in Tacoma Washington.

 

 

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目の「Yiannis Menelaou」氏

 

 

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目の「Yiannis Menelaou」氏について紹介していきます。

 

f:id:cop4h_aloft:20180828094603j:plain

Yiannis Menelaou

 

Yiannis Menelaou氏は、高い評価を得ている仮想通貨および投資分野のエグゼクティブであり、現在ヨーロッパにおいて、クリプト投資会社および電子マネー機関を先導しているライキ・ヨーロッパの地域担当責任者及びゼネラルマネージャーを務めている。また世界的に著名なクリプト機関であるライキ・エクスチェンジ(Lykke Exchange)のICOチーフマネージャーでもある。
同氏は、ポートフォリオ管理、反マネーロンダリング、金融コンプライアンス、クリプト・エコノミック(暗号経済)に関する豊富な経験と知識を有しており、この業界における第一人者である。伝統的な暗号通貨の投資委員会において、幾つかの投資委員会の理事も兼任している。また、暗号経済学の分野で学術的に最も高く評価されているノコシア大学において、デジタル通貨の修士課程の補佐講師でもある。彼の講義には、金融市場、代替投資、国際通貨、グローバルエクスチェンジ、フィンテックなどの内容が含まれている。取締役会の一員として他の投資および非投資会社にも参画している。
また、ラッセル・グループに所属しており、米国イエール大学の認定を受けているリーズ大学ビジネススクールの数理ファイナンス修士号を取得している最も高度な教育を受けた数学者である。さらには、複数の市場当局および専門機関により認定された投資専門家でもある。

 

Mr. Menelaou is a highly
respected cryptocurrency
and investment executive,
and currently holds the
position of the Regional
Director and General Manager of Lykke
Europe, leading the European Crypto
Investment Firm and Electronic Money
Institution. He also holds the position of Chief
ICO Manager for the Initial Coin Offerings at
Lykke Exchange, a well- respected institution
throughout the world.
Mr. Menelaou is one of the industry’s leading
authorities with deep experience and
knowledge in portfolio management, antimoney
laundering, financial compliance and
crypto-economics. He is a board member
of several investment committees in both
traditional and cryptocurrency investment
management.

Mr. Menelaou is an Adjunct Lecturer at the
MSc in Digital Currency of the University of
Nicosia, the top degree for crypto-economics.
Part of his teaching includes topics from the
Financial Markets, Alternative Investments,
International Currencies, Global Exchanges
and Fintech. He also serves other investment
and non- investment firms as a member of
the Board of Directors.
Mr. Menelaou is a highly trained
Mathematician and holder of the MSc in
Financial Mathematics from Leeds Business
School – member of the Russell Group –
and accredited by Yale University (US). He
is a certifed investments’ expert by several
markets’ authorities and professional bodies.

  

 

話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20180730161429j:plain

今回は、話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の評判のメンバーを前回に引き続き紹介していきました。

CFOの「Supannee Suzuki」氏は、かつて野村証券で働いており、スタンダード・チャータード銀行及びマレーOT証券での勤務経験もある方で、資本市場での投資ライセンス、公認ファイナンシャル・アナリスト(進行中)、バンコク大学のMBAなども保有しています。

「Dr. Jim Nissing」氏は、アメリカ合衆国ワシントン州の弁護士であり、シアトル大学法学部を卒業し、法学博士号の学位を保有していおり、さらには、ワシントン州タコマの米軍事機関の講師およびインストラクターも兼職されています。

「Yiannis Menelaou」氏は、高い評価を得ている仮想通貨および投資分野のエグゼクティブであり、現在ヨーロッパにおいて、クリプト投資会社および電子マネー機関を先導しているライキ・ヨーロッパの地域担当責任者及びゼネラルマネージャーを務めており、米国イエール大学の認定を受けているリーズ大学ビジネススクールの数理ファイナンス修士号まで取得されています。

前回同様に、ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」は、優秀なメンバーが揃っています。

メンバー全員が凄い経歴の持ち主なのでどの様に進むのか楽しみですね。

今後も話題になっている評判のICO「hashberry(ハッシュベリー)」の活動に期待しましょう!

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」特徴や、ロードマップ、気になるミートアップ最新情報まで紹介!|仮想通貨初心者情報局

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」特徴や、ロードマップ、気になるミートアップ最新情報まで紹介!|仮想通貨初心者情報局

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」の特徴や、ロードマップ、気になるミートアップ情報などを紹介していきます。

 

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164843j:plain

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」特徴

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

ASOBI COIN(アソビコイン)公式URLはこちら

asobimo.io

詳しくはこちらをご覧ください。

cripto-coins.hatenablog.com

 

 2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」ロードマップ

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップは下記の通りになります。

f:id:cop4h_aloft:20180730164629j:plain

2018年

・ASOBI STOREでASOBI COINや仮想通貨を関連ゲーム内で利用可能化

・ゲームアイテム二次流通プラットフォーム「Switex Japan」のサービスが開始

 

2019年

・分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスを提供

・デジタルコンテンツの二次流通(中古販売)プラットフォームを提供

 

2021年

・中央サーバーが存在しないオンラインゲーム、DAPPS−MMORPGの提供を開始

 

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるミートアップの特徴


「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップはどのようなイベントなのか?特徴や概要などを紹介していきます。

特徴や概要については公式HPより発表されていたので下記をご覧ください。

 

日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

プレセール2早期終了の感謝とASOBI COINをもっとよく知っていただく為に、Meetupを開催させていただくこととなりました。ASOBI COINの進捗と展望についてお話させていただきます。

※今回はASOBI COIN保有者限定で開催させていただきます。

プロジェクトメンバーや参加者同士の交流をはかる為、アルコール類やお食事などをご準備させていただきます。

また、ご来場いただいた方限定でエアドロップを予定しております。

 

引用元:ASOBI COIN公式サイト


2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるミートアップ開催日

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164857j:plain

開催概要
日時:8月10日(金)19:00~21:00(開場:18:30)
場所:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル4階※19時以降はビル右手のスロープから駐車場に入り、エレベータで4階までお越しください。
主催:ASOBI COIN
参加費:無料
特典:来場者全員にエアドロップを予定しております。

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるミートアップその他、注意事項

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップでの注意点は下記のとおりです。

  • イベント当日のキャンセルは、やむを得ない場合を除きお控え下さい。
  • 体調不調、その他都合が悪くなりイベントに参加できなくなった場合、速やかにキャンセル処理をお願いします。
  • 参加者に対する迷惑行為、イベント進行の妨げになる行為は禁止とさせて頂きます。
  • ネットワーキングビジネスや宗教など勧誘目的の方の参加はご遠慮願います。
  • その他、主催者の判断で不適切だと判断した場合は、ご参加のお断り或いはご退席して頂く場合がございます。
  • 個人情報の取り扱いについて。 会場受付で頂く名刺或いはご記入頂く個人情報については、主催者であるASOBI COINが管理させて頂きます。今後ASOBI COINが開催するイベントのご案内の配信先として利用させていただき、その他の第三者には一切提供いたしません。個人情報に関する照会や、訂正、追加または削除については、お客さまご本人から下記お問い合わせ先に別途ご連絡いただくことにより、対応させていただきます。 担当:池田、三井 E-mail: support_ja@asobimo.io
  • 領収書の発行はしておりません。
  • イベントの内容や登壇者は予告なく変更する場合がございます。
  • イベント当日にカメラ撮影が入る場合、メディアに掲載される可能性があります。

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」気になるミートアッププログラム

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップのプログラムは下記のとおりになります。


時間:プログラム
18:30~19:00:開場/受付
19:00~19:10:ASOBI COIN代表近藤のあいさつ
19:10~19:40:ASOBI COINの進捗と展望
19:40~20:40:懇親会

 

 

 

2018年注目度NO.1仮想通貨!「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20180730164155j:plain

今回は、2018年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ASOBI COIN(アソビコイン)」の特徴や、ロードマップ、気になるミートアップ情報などを紹介していきました。

ミートアップでは、仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の進捗や今後の展望について話されるようです。

また、来場者に限定でエアドロップを予定しており、プロジェクトメンバーや参加者同士の交流会も兼ねているようです。

気になった方は2018年注目度NO.1仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に期待してみてはいかがでしょうか?