Quanta(クオンタ)とは?Quanta(クオンタ)とブロックチェーンの密接な関係

Quanta(クオンタ)とは?Quanta(クオンタ)とブロックチェーンの密接な関係

f:id:cop4h_aloft:20171115235912j:plain

今大注目のQuanta(クオンタ)ですがQuantaについてあまり知らないという人もいるかと思います

今回はQuantaについての説明をしたいと思います。

Quanta(クオンタ)ってなに?

f:id:cop4h_aloft:20171116001704j:plain

Quantaとは、業界人気No.2の「Ethereum(イーサリアム)」のシステムをベースに作られた暗号通貨です

Quantaはそのシステムから「次世代の宝くじ」と言われています。

ブロックチェーン上で”人間が一切介入しない宝くじの運営”を目指す暗号通貨宝くじプロトコル「Quanta」 ブロックチェーン技術により大勢の利用者間における取引記録などを分散管理することで信頼性を担保し、最新技術“スマートコントラクト”をベースに開発されることで、不正や破綻リスクが限りなく排除する“究極の公平”を目的とした、新世代の宝くじプラットフォームとして、国境や格差を越え世界の宝くじマーケットに技術革新をもたらします。

Quantaの最大の魅力は、「宝くじ×ブロックチェーン=全世界で購入可能な宝くじ」

という点です。

今まではその国の宝くじは国内の人間しか買うことが出来ませんでした。

アメリカの宝くじはアメリカで、日本の宝くじは日本で

こんな当たり前のこと、常識を壊すのがQuantaです

Quanta(クオンタ)に使われているブロックチェーンとは?

f:id:cop4h_aloft:20171116001650j:plain

ブロックチェーンの仕組みでまずよくわからなくなる点は、分散データベースと合意形成になります。中央管理型のデータベースは、1つのデータベースで管理を行いますが、分散データベースとは、同じデータを記録しているデータベースが複数存在しているものになります。

ブロックチェーンは、取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。
チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。 

 簡単にいうと情報が至る所に分散されており、とても破りにくいということです。(笑)

そう簡単に破綻するようなシステムではないということだけわかっていただければ大丈夫です(笑)