2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」がビットコインキャッシュプラットフォームへの移行開発が完了!|仮想通貨初心者情報局

2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」がビットコインキャッシュプラットフォームへの移行開発が完了!|仮想通貨初心者情報局

今回は、2019年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ACDコイン」の進捗情報について詳しく紹介していきます。

 

 

f:id:cop4h_aloft:20190117111806j:plain

2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」ロードマップ

「ACDコイン」のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:cop4h_aloft:20190117111720j:plain

2018年4月トークン配布
2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
2019年ウォレットサービス開始
2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」がビットコインキャッシュプラットフォームへの移行開発が完了!

2019年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ACDコイン」の進捗状況について公式サイトより発表がありましたので紹介していきます。

f:id:cop4h_aloft:20190117111753j:plain

 

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ACDコインのBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことを発表した。

ACDコインはBCHプラットフォームとなったことにより、Bitcoin.comウォレットの利用が可能となり、実店舗での決済に向けて大きく前進した。

利用可能な店舗に関しては随時特設サイトにて発表される。

 

 

venturetimes.jp

 

2019年注目度NO.1仮想通貨!「ACDコイン」まとめ

 

f:id:cop4h_aloft:20190117111732j:plain

今回は、2019年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ACDコイン」の進捗情報について詳しく紹介していきました。

ACDコインのBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことを発表しました。

ACDコインは、BCHプラットフォームとなったことによりBitcoin.comウォレットの利用が可能となり実店舗での決済に向けて大きく前進したとのことです。

利用可能な店舗に関しては随時特設サイトにて発表されるそうなので楽しみにしておきましょう!

2019年注目度NO.1仮想通貨と評判になっている「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!